No.32:"剣の歌" 編曲:山本公雄   

剣 の 歌

(早稲田大学山岳部部歌)

   神奈川県の漁師の歌・ダンチョネ節です
   素朴な旋律が剣の歌詞とマッチして
   独特の雰囲気を生み出しています


        剣の歌(早稲田大学山岳部部歌)  ダンチョネ節
              
                      作詞:飯田 忠純  作曲:不詳


1 夢に描いた 剣の山によ
  意気と力でね ぶち当たる ヨカネ

2 剣見るなら 赤谷(アカダン)尾根でよ
  大窓小窓にね 三の窓 ヨカネ

3 窓に数々 窓はあれどよ
  剣の大窓ね 日本一 ヨカネ

4 ブナでドンと打つ 雪崩れの音はよ
  ごついおいらのね 度胸試し ヨカネ

5 窓をあければ 富山の町がよ
  暗い夜空にね 薄明かり ヨカネ
6 ザイル結んで 氷の尾根でよ
  仰ぐ剣のね 薄化粧(ケハイ) ヨカネ

7 遥かに見下ろす 池ノ谷(ダン)のよ
  暗いゴルジュのね 蒼氷 ヨカネ

8 どうだ見てくれ おいらの焼けたよ
  山の男のね 色香り ヨカネ

9 ひげを伸ばして 伊折へ下りゃよ
  おいらを待ってるね 獅子舞が ヨカネ