No.29:"峠の我が家(Home on the range)" 編曲:前島哲夫  

 峠の我が家(Home on the range)


この歌は、「♪なつかしい我が家、ああ我が家、峠の我が家♪」なる迷誤訳の ために、我が家を想う望郷の歌のように取られている方が多いのではないで しょうか?
しかし、原詞を素直に読んでみると、定住する家がないカーボーイのマイホ ーム願望の歌である事が分かります。 毎日元気を失くすような言葉を浴びせられ、天気も終日曇りがちで、その上 定住する家もないカーボーイが、牧草地に家がほしいなあ、と歌っているの です。また、タイトルの"Range"は、米国北西部では牧草地、または牧場の 事を言います。


       峠の我が家(Home on the range)

              原曲:アメリカ古謡 意訳:まえじまてつお
 

   [歌詞]

   1.Give me a home where the buffalo roam
    and the deer and the antelope play
    Where seldom is heard a discouraging word
    and the skies are not cloudy all day

   2.Home,home on the range
    Where the deer and the antelope play
    Where seldom is heard a discouraging word
    and the skies are not cloudy all day

   [意訳]

   1.私に家を下さい、
    そこは野牛がぶらつき、鹿やカモシカが遊ぶところ、
    そこは、元気を失わせる言葉を聞かされる事もなく、
    天気も終日曇りがちでないところ

   2.家を、牧草地に家を
    そこは鹿やカモシカが遊び、
    元気を失わせる言葉を聞かされる事もなく、
    天気も終日曇りがちでないところ