No.39:"ともしび" 編曲:山本公雄 (2002.1.20)  

と も し び


 中学校2年のとき、学校にマンドリン・オーケストラができる ことになった。総勢30人程度、早速、いれてもらったが、与えられた楽器はマンドラという 大きいマンドリン。低音部の伴奏ばかりで、ちっともおもしろくない。 ギターや、マンドリンを弾いている部員を横目にみながら、羨ましく思っていた。 ただ、演奏しながら曲を聴く余裕はあったように思う。
 このオーケストラの得意な曲が「ともしび」でした。 演奏会では、この曲から始まりました。 当時の楽譜はもうないし、曲の感じもかなり忘れていますが、思い出しつつつくってみました。 本当の演奏はなかなか素晴らしいでした。

 


        と も し び
                     ロシア民謡


  ♪夜霧の彼方へ・・・♪で始まる有名なロシア民謡であるが、 最近聴かれなくなった。 愛する乙女をおもいつつ、戦場に行く兵士の歌である。