No.11:"アルプス一万尺" 編曲:前島哲夫   
 

アルプス一万尺

          
   ハ長調/ハ長調/ト長調/ハ長調と転調して、元気いっぱいの演奏です。


 アルプス一万尺
                 アメリカ民謡
                 作詞者 不詳 


(1) アルプス一万尺 小槍の上で
  アルペン踊りを さあ踊りましょ

 ※ ランラララ ラララ ランラララ ラララ
   ランララララララ    ランランランランラーン

(2) お花畑で 昼寝をすれば
  蝶々が飛んで来て キスをする
  (※ くり返し)
(3) 一万尺に テントを張れば
  星のランプに 手が届く
  (※ くり返し)
(4) 槍や穂高は 隠れて見えぬ
  見えぬあたりが 槍穂高
  (※ くり返し)
(5) 命捧げて 恋するものに
  何故に冷たい 岩の肌
  (※ くり返し)
(6) 岩魚(いわな)釣る子に 山路を聞けば
  雲のかなたを 竿で指す
  (※ くり返し)
(7) ザイル担いで 穂高の山へ
  明日は男の 度胸試し
  (※ くり返し)
(8) 名残尽きない 大正池
  またも見返す 穂高岳
  (※ くり返し)
(9) まめで逢いましょ また来年も
  山で桜の 咲く頃に
  (※ くり返し)