No.70"大雪行進曲" 編曲:山本公雄(2002.10.11/ 2018.2.3)

 演奏 
 歌声 

大雪行進曲


 アイヌの人々は大雪山を、ヌタプカムイシリ(神々の山)、カムイミンタラ(神の遊び場)と 呼んでいました。そんな大雪山の素晴らしい風景の中から、代表的場面を歌います。

裾合平から見る旭岳


           大雪行進曲
                  作詞・作曲 山本公雄



   1   いつも夢見る山は 北の大雪
       遥か尾根道つづく 高根ヶ原の
       かなたに聳えるあの山は あれはトムラウシ
       忠別、五色、化雲(かうん)越えてあの峰へ
       
   2   花咲き乱れる山は 夏の大雪
       あたり一面チングルマ 裾合平(すそあいだいら)に
       噴煙たなびくあの山は あれは旭岳
       北の大地を守る 神の頂さ

   3   原始の面影残る 東大雪
       長いのぼりに耐えて 天狗平に
       鋭く聳える岩山は あれはニペソツ
       ナイフリッジをトラバース 目指せあのピーク

   3   古い歴史を誇る 山は大雪
       間宮、松浦、桂月ら 北の先人の
       想いをのせる山々は カムイミンタラ
       お鉢平にたたずんで 蝦夷の夢を見る
      

大雪山の代表的風景

1.高根ヶ原のかなたに聳えるトムラウシ山
   大雪山の憧れのルートは高根ヶ原を越えー忠別岳ー 
   五色岳ー化雲(かうん)岳ートムラウシ山への縦走です。
   この縦走路の展望は大雪山の広さの象徴するものです 
 
2.大雪山最大の裾合平(すそあいだいら)のお花畑と旭岳
   姿見の池から少し入るとチングルマの群落があります
   そこから堂々と聳える旭岳をみることが出来ます。
 
3.東大雪の秀峰、二ペソツの雄姿
   登山口から長いのぼりで前天狗岳につくと突然、
   天狗平の上に二ペソツの山頂が現れます。 
   さらに天狗平まで進むと鋭い二ペソツの岩峰の全景に 
   圧倒されます
 
4.お鉢平からの展望と先人たちの名前にちなんだ山々
   大雪山には、江戸時代から明治・大正にかけて、北海道や
   大雪山を探検した人たちの名前をつけた山が
   たくさんあります。お鉢平からはお鉢の外輪山の
   間宮岳(間宮林蔵)、荒井岳(荒井初一)、松田岳
   (松田 市太郎)が。
   振り返ると黒岳の左横に、桂月岳(大町桂月)が見えます。
   そのほかに、松浦岳=緑岳(松浦武四郎)、
   小泉岳(小泉秀雄)、永山岳(永山武四郎)があります。