No.69:"ダニー・ボーイ" 編曲:山本公雄 (2002.9.20)  

ダニー・ボーイ
(ロンドンデリーの歌)

 北アイルランドのLondonderry州の歌なので、この名前がついています。Jane Lossと いう女性が農民から聞いたメロデイというだけで、作曲者も作詞者も不明です。 もともとは「Londonderry Air(1)」で、
 「もしも、わたしがりんごの花であったら、 あなたの胸に舞い散ることができるのに。もしも、わたしがりんごであったなら、あなたに摘み取って もらえるのに。」という恋の歌です。
 「Londonderry Air(2)」では、 戦場に行く息子を思う母の歌に変わっています。当時、アイルランドはイギリスからの 独立戦争を戦っていました。

 「ダニー・ボーイ」は 「Londonderry Air(2)」をもとにして、Fred E Weatherly が1913年に新しく 詩を書き、アイルランド出身のテノール歌手 John McCormack が歌って有名になりました。 Danny というのはアイルランドで多い男子の名前で、息子を戦場に送る嘆きを切々と歌っています。  「あなたは、去っていく。でも帰ってきておくれ。そのとき、私はたぶん死んでいるだろう。 私の眠っている場所で祈っておくれ。」

 その後、ハリー・ベラフォンテやトム・ジョーンズが歌って、世界的に知られました。 「ダニー・ボーイ」と「ロンドンデリーの歌」では、楽譜でわずか異なる部分がありますが、 ここでは「ダニー・ボーイ」を採用しています。歌詞もいろいろ変化していますが、 オリジナルのものを使っています。


           ダニー・ボーイ
         (ロンドンデリーの歌)
                        原曲 アイルランド民謡


         Danny Boy   by Fred E. Weatherly

    1 Oh, Danny Boy, the pipes, the pipes, are calling
      From glen to glen, and down the mountainside;
      The summer's gone, and all the roses falling ---
      It's you, It's you must go, and I must bide.

        But come ye back when summer's in the meadow,
        Or when the valley's hushed and white with snow;
        Then I'll be here in sunshin or in shadow ---
        Oh, Danny Boy, oh Danny Boy, I love you so!

    2 But when ye come, and the flow'rs are dying,
      If I am dead, as dead I well may be,
      Ye'll come and find the place where I am lying ---
      And kneel and say an Ave there for me.

        And I shall hear, 'though soft you tread around me,
        And all my dreams will warm and sweeter be,
        If you will only tell me you love me,
        Then I'll sleep in peace, until you waken me.
               

         Londonderry Air (1)

      Would God I were the tender apple blossom
      That floats and falls from off the twisted bough,
      To lie and faint within your silken bosom,
      Within your silken bosom as that does now!

      Or would I were a little burnish'd apple,
      For you to pluck me, gliding by so cold,
      While sun and shade your robe of lawn will dapple
      Your robe of lawn, and your hair's spun gold

         Londonderry Air (2)

      My son I reared as might the brooding partridge
      Rear up an eaglet fall'n from storm-struck nest;
      My son, ah no! one captained for high conflict,
      My chieftain husband's heir and his bequest!

      No, mother's part in him did my heart treasure,
      And he would go, and I could stand alone;
      Ah, so I thought, but now my heart-strings measure
      The love, the loss my son, my little son thou'rt gone!